HOME > 福祉ひろしま~イチオシ福祉情報~

福祉ひろしま~イチオシ福祉情報~

制度・施策等の情勢の解説

一覧を見る

地域福祉の活動紹介

一覧を見る

被災者支援の取り組み

一覧を見る

社会福祉法人・施設の事業紹介

一覧を見る

福祉のしおり

広島県社会福祉協議会では、中国新聞 SELECT「安心・安全メモ」のコーナーに、地域づくりや人づくり(人材養成)、介護やボランティアに関すること等、社協(社会福祉協議会)が取り組むさ まざまな活動等を記事にして県民の皆さんにお伝えしています。(掲載:毎週木曜日)

  • 「被災地の今を見つめて」(3/25掲載)
     「何をもって復興というのか。時間がたつほど考える」2018年7月の西日本豪雨の被災者を支援する相談員の声です。  あの日から2年8カ月がたち、日常を取り戻したかのようなまちの風景。しかし被災地には今なお、家裏の崖が崩れたままで不安を抱えている人、大雨のたび、あの光景を思い出し涙が出る人、住み慣れ…
  • 企業の社会貢献活動をきっかけにつながる(3/18掲載)
     企業が社会的責任を果たし、地域社会とともに成長していこうとする社会貢献活動。その取り組みにはさまざまな形がありますが、年々広がりを見せています。  本会にも、「職員をボランティア活動に参加させたい」「寄付・寄贈したい」「社会貢献活動をしたいが何ができるか」などの相談が寄せられます。  先日、ある…
  • 働く原動力は理解し合える仲間と重なる「想い」(3/11掲載)
     「子どもたちの笑顔を見るのがうれしくて、保育の仕事が大好きです」と、ある児童福祉施設で保育士として働く加奈さん(仮名)。  「この18年、楽しいことだけでなく、つらいこともありました。中でも、子どもたちにとってよりよい支援をしたいと、一緒に働く職員と話していたときのこと。他の職員から非難される場…

一覧を見る

県社協の事業紹介

  • ≪証言記録≫  中国残留日本人孤児の歩んできた人生〈№5〉
    中国帰国者支援・交流センターでは,日本に帰国した中国残留孤児とその家族(=中国帰国者)が日本社会で安心,安定した生活を送っていくためにさまざまな支援を行っています。  日本語教室やパソコン教室,そして,運動や手芸など生きがいづくりのための交流活動教室には,平均年齢70歳を超えた中国帰国者たちが元気に…
  • 権利を守ります! ~広島県障害者権利擁護センターの役割~
      〇権利擁護とは,基本的人権が保障されるということ。                                  その人が あたりまえの生活を送る「権利」を「護る」ことです。   「命を奪われない権利」,「身体を傷つけられない権利」,「自由を束縛されない権利」 「自分の名誉を傷つけられない権利」 (プライバシー,生活の平…
  • より充実した職場研修をめざして ❝オンライン研修❞を活用してみませんか~コロナ禍における職員育成に役立てよう~
     広島県社会福祉協議会 社会福祉研修センターでは,福祉施設・事業所の役職員を対象とした社会福祉従事者研修を実施しています。  コロナ禍においても,福祉施設・事業所の職員育成に活用される研修を実施するため,専門業者のサポート支援を受け,令和3年2月に,オンライン研修(ライブ配信)を導入しました。  令…

一覧を見る

ページの上へ戻る