HOME > 地域共生社会の実現に向けて > 共生社会づくりと一体的に進める復興支援地域福祉事業

共生社会づくりと一体的に進める復興支援地域福祉事業

 地域支え合いセンターは,「共生社会づくりと一体的に進める復興支援地域福祉事業の推進」を理念に掲げ,個別支援とコミュニティ支援を支援の両輪とし,平成30年7月豪雨災害の被災者への総合的な支援活動を展開してきました。

 広島県地域支え合いセンターは,令和4年3月31日をもちまして閉所しますが,これまでのセンターの支援活動が発展的に継続し,真の復興へ向けた道のりを歩んでいけるよう,本会としても関係機関とともに引き続き支援してまいります。

 広島県地域支え合いセンターおよび市町地域支え合いセンターが,被災地に寄り添い続けた被災者支援の取り組みについて報告書を作成しました。

 地域支え合いセンターが地域住民や関係機関と共に取り組んできた被災者支援を実証し,次への備え,教訓として,広く関係者の皆さまにお役立ていただけると幸いです。

3年次報告書抜粋版(2021年1月~12月)

2年次報告書抜粋版(2019年9月~2020年12月)

1年次報告書抜粋版(2018年9月~2019年8月)

ページの上へ戻る