HOME > 地域共生社会の実現に向けて > 地域共生社会とは

地域共生社会とは

 「地域共生社会」とは、地域・分野ごとの縦割りや、「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が参画し、世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会をいいます。

 地域共生社会の実現に向けては,社会福祉法の改正を踏まえて,令和3年4月から新たに「重層的支援体制整備事業」が開始され,また同事業を行うため,その準備として「重層的支援体制整備事業への移行準備事業」も始まりました。県内でもこれらの事業を実施している自治体があります。

 厚生労働省は、地域共生社会の推進を目的とした「地域共生社会のポータルサイト」を公開しています(令和3年4月1日より公開)。このポータルサイトは,地域住民、介護・障害・子ども・生活困窮等の分野における関係団体や実践者、行政職員など幅広い方々を対象にしています。全国の取り組み事例の紹介や地域共生社会の実現に関する施策情報なども分かりやすく紹介されています。

リンク先 「地域共生社会のポータルサイト(厚生労働省)」

https://www.mhlw.go.jp/kyouseisyakaiportal/

ページの上へ戻る